発症に気づいたら

聴診器

受診は不安を解消してから

うつ病の発症は、本人が気づけない場合もあるため、周囲がサインを見逃さないことが大切になります。自分の家族や親しい人の様子に変化を感じるようになったら注意深く見守る接し方でしばらく様子をみるようにします。いちばん気づきやすいサインはふさぎこんで元気がないことです。健康そうな人でもふさぎ込むことはありますが、普通は時間がたつにつれて元気を取り戻します。一方、うつ病の場合は、その状態が長く続き、仕事や日常生活に支障が出始めます。それ以外の体調面や会話、行動などにも変化があらわれるのが一般的です。うつ病は本人の気持ちの持ちようで治るものではないので、適切な治療が必要な病気で軽視するのは禁物だと心得ます。発症のサインに周囲が気づいた時の接し方として正しいのは、まずは本人の話をよく聞くことです。そして、いつも通りの接し方を続けますが、重大な決定事項には同意しないようにします。そして、症状が重い場合は受診をすすめます。うつ病を患っている人は、何をする気力もない上に、病院へ行っても治らない、薬漬けにされるのでは、職場に知られたら退職をすすめられるかもしれないなど様々な不安を感じています。そのため受診を嫌がることも少なくありません。そんな時は根気よく不安を解消するような接し方に徹することが大事です。本人にうつ病だと自覚がない場合は、病院にいくほど悪いのかと感じていることもあります。その場合は、まずはうつ病かどうかを判断するために受診が必要だと説得していきます。病院に行ってもムダだと感じているようなら、うつ病は正しく治療すれば治る病気であることを伝え、薬に関しては医師が症状を見ながら慎重に抗うつ剤の調整をしてくれることを教えてあげれば説得可能です。加えて、精神科は普通ではない人がいくところではないのかと考えているようなら、あらゆる心の病気の治療を行い、不眠症やストレス症状なども診てくれるところだと伝えます。そして、うつ病かもしれないという自覚はあるものの精神科に行くのを知られたくないと考えているなら、自宅や会社からは少し離れたところで受診し、医療機関の守秘義務に関しても教えてあげます。基本は通院で治療できること、もし入院になってもいいよう入院治療のメリットなども説明しておくと安心する人が多いです。それでも受診を嫌がるようであれば、不眠や食欲不振など身体的な症状で内科を受診するようすすめます。軽いうつの場合は、内科で処方されるうつ薬で改善することもありますし、内科から精神科医を案内してもらう方法もあります。受診に付き添う時は客観的な姿を伝えることや、本人の話の補助をしますが、本人が話しているときは口出ししないようにします。

Back to Top