どう接するか知る

相談

まずは種類を知ることから

うつ病は生活を送る上でのストレスが原因となって発症する事も多く、今では心の風邪と言われる程メジャーな病気になっています。一般的には元気がない、やる気が起きない、楽しくない等の症状が有名ですが、実際にはその症状の現れ方で大きくは2種類に分けられています。先ず、抑うつ状態、簡単にいえば元気がない状態が全面に出ている時で、この状態だけが起きているタイプをうつ病と呼んでいます。また躁状態、つまり気分が高く高揚した状態と抑うつ状態の両方が出てくるタイプの事を双極性障害と呼んでおり、両方を合わせてうつ病と言います。一般的にはやる気が起きないとか、物事に対する興味がわかない、何をしても楽しくないと言う精神面での症状が出てくる物です。しかし実際には精神面だけでなく、体重の減少や不眠、さらには疲れやすくなってしまう等肉体面での症状が出てくる事も珍しくありません。さらに双極性障害の場合は何もできない時も有れば、非常に元気が良くなり、何でも出来ると感じてしまう躁状態が出てくる為、非常に波のある状態です。どのタイプのうつ病であってもその症状には波があり、何とか病院に行ける時もあればベッドから出る事すらできなくなってしまうことも珍しくありません。治療に関しては、病院に行って投薬を行ったりカウンセリングを行ったりしてアプローチする事になりますが、その人の症状によっても違います。最近何だか元気がなく心が晴れないと感じている場合は、精神科、もしくは心療内科に行って検査を受けて医師の判断を仰ぎます。他の病気と同じ様に、病院にいって検査を受け早期発見早期治療を行うことによって、回復までのスピードを速めることができます。うつ病は本人の心の病気ですが、治療に当たっては本人や医師だけでなく、周りの人の接し方でも大きく結果が左右される可能性があります。周りの人の接し方としてまず重要なのが本人の事を受け入れると言う事で、出来るだけ相手の事を精神的に追い詰めないようにします。どうしても怠けていると思われがちなので周りとしては叱咤激励する方が良いと考えがちですが、その結果本人の罪悪感を増長して症状が悪化する可能性が増すことも有ります。またただ単に相手を受け入れるのではなく、なるべく静かな声のトーンで、さらに抑えた声量で話すように心がけるようにします。身体的には何も変化は見られない場合も有りますが、精神的には既にかなり消耗している可能性もあるからです。さらに頑張って欲しい、応援している気持ちを伝えたいからと言って相手に対して頑張れと言うのも避けた方が無難です。うつ病は頑張り過ぎて心と体の疲れがピークに達している状態なので、がんばれと言う言葉自体が相手のストレスになる可能性も出て来ます。その為、うつ病の人との接し方としてはなるべく現状を見守り、ゆっくりと心と体を休ませてあげて、治療が進むのを待つ、というのが基本姿勢となります。時間はかかりますが決して治らない病気というわけではないので、長い目で見て待つスタンスが接する側としては重要になって来ます。また自分の常識は決して世間一般の常識と言う訳ではなく、またうつ病を患っている人にとってはストレスでしかない場合もあるものです。したがって、出来るだけ自分の意見を押し付ける事無く、相手の状況を見てサポートすると言うのも、接し方のポイントです。

Back to Top